万葉集 第15巻 3741番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第15巻3741番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第15巻 3741番歌

第15巻
歌番号 3741番歌
作者 作者不詳
題詞 (中臣朝臣宅守与狭野弟上娘子贈答歌)
原文 伊能知乎之 麻多久之安良婆 安里伎奴能 安里弖能知尓毛 安波射良米也母 [一云 安里弖能乃知毛]
訓読 命をし全くしあらばあり衣のありて後にも逢はざらめやも [一云 ありての後も]
かな いのちをし またくしあらば ありきぬの ありてのちにも あはざらめやも [ありてののちも]
英語(ローマ字) INOCHIWOSHI MATAKUSHIARABA ARIKINUNO ARITENOCHINIMO AHAZARAMEYAMO [ARITENONOCHIMO]
この命が無事であったなら、あり衣(きぬ)のありではないが、このまま生きていれば、再び遇わないことがありましょうか。
左注 (右十四首中臣朝臣宅守)
校異
用語 作者:中臣宅守、天平12年、年紀、贈答、羈旅、配流、恋情、枕詞、異伝、狭野弟上娘子
タイトルとURLをコピーしました