万葉集 第15巻 3742番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第15巻3742番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第15巻 3742番歌

第15巻
歌番号 3742番歌
作者 作者不詳
題詞 (中臣朝臣宅守与狭野弟上娘子贈答歌)
原文 安波牟日乎 其日等之良受 等許也未尓 伊豆礼能日麻弖 安礼古非乎良牟
訓読 逢はむ日をその日と知らず常闇にいづれの日まで我れ恋ひ居らむ
かな あはむひを そのひとしらず とこやみに いづれのひまで あれこひをらむ
英語(ローマ字) AHAMUHIWO SONOHITOSHIRAZU TOKOYAMINI IDURENOHIMADE AREKOHIWORAMU
逢える日が来るかどうか分からないまま真っ暗闇の中にいます。いつまで私は恋焦がれなければならぬのだろう。
左注 (右十四首中臣朝臣宅守)
校異
用語 作者:中臣宅守、天平12年、年紀、贈答、羈旅、配流、恋情、悲別、狭野弟上娘子
タイトルとURLをコピーしました