万葉集 第15巻 3713番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第15巻3713番歌はこちらにまとめました。

第15巻 3713番歌

第15巻
歌番号 3713番歌
作者 作者不詳
題詞 (竹敷浦舶泊之時<各>陳心緒作歌十八首)
原文 毛美知婆波 伊麻波宇都呂布 和伎毛故我 麻多牟等伊比之 等伎能倍由氣婆
訓読 黄葉は今はうつろふ我妹子が待たむと言ひし時の経ゆけば
かな もみちばは いまはうつろふ わぎもこが またむといひし ときのへゆけば
英語(ローマ字) MOMICHIBAHA IMAHAUTSUROFU WAGIMOKOGA MATAMUTOIHISHI TOKINOHEYUKEBA
(美しい)黄葉は今散ってゆく頃になった。(秋までには帰ってくると)妻に言って家を出たが、それを待つ時節も今過ぎてゆく。
左注
校異
用語 遣新羅使、天平8年、年紀、羈旅、望郷、対馬、長崎
タイトルとURLをコピーしました