万葉集 第15巻 3712番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第15巻3712番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第15巻 3712番歌

第15巻
歌番号 3712番歌
作者 作者不詳
題詞 (竹敷浦舶泊之時<各>陳心緒作歌十八首)
原文 奴<婆>多麻能 伊毛我保須倍久 安良奈久尓 和我許呂母弖乎 奴礼弖伊可尓勢牟
訓読 ぬばたまの妹が干すべくあらなくに我が衣手を濡れていかにせむ
かな ぬばたまの いもがほすべく あらなくに わがころもでを ぬれていかにせむ
英語(ローマ字) NUBATAMANO IMOGAHOSUBEKU ARANAKUNI WAGAKOROMODEWO NURETEIKANISEMU
夜、妻が干してくれるだろうその妻がいない今、この濡れた着物の袖をどうしたらよかろう。
左注
校異 波 婆 [類][古]
用語 遣新羅使、天平8年、年紀、枕詞、羈旅、対馬、長崎、望郷
タイトルとURLをコピーしました