万葉集 第15巻 3711番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第15巻3711番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第15巻 3711番歌

第15巻
歌番号 3711番歌
作者 作者不詳
題詞 (竹敷浦舶泊之時<各>陳心緒作歌十八首)
原文 和我袖波 多毛登等保里弖 奴礼奴等母 故非和須礼我比 等良受波由可自
訓読 我が袖は手本通りて濡れぬとも恋忘れ貝取らずは行かじ
かな わがそでは たもととほりて ぬれぬとも こひわすれがひ とらずはゆかじ
英語(ローマ字) WAGASODEHA TAMOTOTOHORITE NURENUTOMO KOHIWASUREGAHI TORAZUHAYUKAJI
波が手元を伝ってきて袖が濡れようと、恋の憂さを忘れさせてくれるという忘れ貝を取らないでは行かれない。
左注
校異
用語 遣新羅使、天平8年、年紀、羈旅、対馬、長崎、望郷
タイトルとURLをコピーしました