万葉集 第15巻 3695番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第15巻3695番歌はこちらにまとめました。

第15巻 3695番歌

第15巻
歌番号 3695番歌
作者 六人部鯖麻呂
題詞 反歌二首
原文 牟可之欲里 伊比<祁>流許等乃 可良久尓能 可良久毛己許尓 和可礼須留可聞
訓読 昔より言ひけることの韓国のからくもここに別れするかも
かな むかしより いひけることの からくにの からくもここに わかれするかも
英語(ローマ字) MUKASHIYORI IHIKERUKOTONO KARAKUNINO KARAKUMOKOKONI WAKARESURUKAMO
昔から言われてきた韓国にわたるつらさのように、つらくもここで君と別れることになるとは。
左注 (右三首六鯖作挽歌)
校異 都 祁 [類][紀]
用語 遣新羅使、天平8年、年紀、羈旅、挽歌、作者:六人部鯖麻呂、哀悼、雪宅麻呂、地名、序詞、壱岐、長崎
タイトルとURLをコピーしました