万葉集 第15巻 3682番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第15巻3682番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第15巻 3682番歌

第15巻
歌番号 3682番歌
作者 作者不詳(娘子)
題詞 (肥前國松浦郡狛嶋亭舶泊之夜遥望海浪各慟旅心作歌七首)
原文 安米都知能 可未乎許比都々 安礼麻多武 波夜伎万世伎美 麻多婆久流思母
訓読 天地の神を祈ひつつ我れ待たむ早来ませ君待たば苦しも
かな あめつちの かみをこひつつ あれまたむ はやきませきみ またばくるしも
英語(ローマ字) AMETSUCHINO KAMIWOKOHITSUTSU AREMATAMU HAYAKIMASEKIMI MATABAKURUSHIMO
天地の神々にあなたのご無事を祈って待っています。どうか早く帰っておいでなさい。こうして待つのは苦しゅうございます。
左注 右一首娘子
校異
用語 遣新羅使、天平8年、年紀、羈旅、佐賀県、唐津市、神集島、遊行女婦、宴席、女歌、作者:娘子
タイトルとURLをコピーしました