万葉集 第15巻 3683番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第15巻3683番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第15巻 3683番歌

第15巻
歌番号 3683番歌
作者 作者不詳
題詞 (肥前國松浦郡狛嶋亭舶泊之夜遥望海浪各慟旅心作歌七首)
原文 伎美乎於毛比 安我古非万久波 安良多麻乃 多都追奇其等尓 与久流日毛安良自
訓読 君を思ひ我が恋ひまくはあらたまの立つ月ごとに避くる日もあらじ
かな きみをおもひ あがこひまくは あらたまの たつつきごとに よくるひもあらじ
英語(ローマ字) KIMIWOOMOHI AGAKOHIMAKUHA ARATAMANO TATSUTSUKIGOTONI YOKURUHIMOARAJI
あなたのことを思って恋い焦がれる気持ちは、新しく月が変わってもその苦しみから逃れようがありません。
左注
校異
用語 遣新羅使、天平8年、年紀、羈旅、佐賀県、唐津市、神集島、女歌、恋情
タイトルとURLをコピーしました