万葉集 第15巻 3743番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第15巻3743番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第15巻 3743番歌

第15巻
歌番号 3743番歌
作者 作者不詳
題詞 (中臣朝臣宅守与狭野弟上娘子贈答歌)
原文 多婢等伊倍婆 許等尓曽夜須伎 須久奈久毛 伊母尓戀都々 須敝奈家奈久尓
訓読 旅といへば言にぞやすきすくなくも妹に恋ひつつすべなけなくに
かな たびといへば ことにぞやすき すくなくも いもにこひつつ すべなけなくに
英語(ローマ字) TABITOIHEBA KOTONIZOYASUKI SUKUNAKUMO IMONIKOHITSUTSU SUBENAKENAKUNI
旅と言葉でいえば簡単だが、私には、通常の旅のつらさに加えて少なくとも彼女に恋い焦がれてなすすべがない、というつらさや苦しみがあるのです。
左注 (右十四首中臣朝臣宅守)
校異
用語 作者:中臣宅守、天平12年、年紀、贈答、羈旅、配流、恋情、悲別、狭野弟上娘子
タイトルとURLをコピーしました