万葉集 第15巻 3631番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第15巻3631番歌はこちらにまとめました。

第15巻 3631番歌

第15巻
歌番号3631番歌
作者作者不詳
題詞(周防國玖河郡麻里布浦行之時作歌八首)
原文伊都之可母 見牟等於毛比師 安波之麻乎 与曽尓也故非無 由久与思<乎>奈美
訓読いつしかも見むと思ひし粟島を外にや恋ひむ行くよしをなみ
かないつしかも みむとおもひし あはしまを よそにやこひむ ゆくよしをなみ
英語(ローマ字)ITSUSHIKAMO MIMUTOOMOHISHI AHASHIMAWO YOSONIYAKOHIMU YUKUYOSHIWONAMI
いつかは見たいと思ってきた安波島。その安波島もよそ目に恋うばかりで立ち寄るあてもない。
左注
校異於 乎 [類][紀]
用語遣新羅使、天平8年、年紀、地名、山口、岩国、土地讃美、恋情、羈旅
タイトルとURLをコピーしました