万葉集 第15巻 3596番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第15巻3596番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第15巻 3596番歌

第15巻
歌番号 3596番歌
作者 作者不詳
題詞 (遣新羅使人等悲別贈答及海路慟情陳思并當所誦之古歌)
原文 和伎母故我 可多美尓見牟乎 印南都麻 之良奈美多加弥 与曽尓可母美牟
訓読 我妹子が形見に見むを印南都麻白波高み外にかも見む
かな わぎもこが かたみにみむを いなみつま しらなみたかみ よそにかもみむ
英語(ローマ字) WAGIMOKOGA KATAMINIMIMUWO INAMITSUMA SHIRANAMITAKAMI YOSONIKAMOMIMU
彼女の形見と思って印南都麻(いなみつま)の方向を見ようとしたが、白波が高く、視界の外にしか見えない。
左注 (右八首乗船入海路上作歌)
校異
用語 遣新羅使、天平8年、年紀、羈旅、悲別、望郷、地名、加古川、兵庫
タイトルとURLをコピーしました