万葉集 第15巻 3752番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第15巻3752番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第15巻 3752番歌

第15巻
歌番号 3752番歌
作者 作者不詳
題詞 (中臣朝臣宅守与狭野弟上娘子贈答歌)
原文 波流乃日能 宇良我奈之伎尓 於久礼為弖 君尓古非都々 宇都之家米也母
訓読 春の日のうら悲しきに後れ居て君に恋ひつつうつしけめやも
かな はるのひの うらがなしきに おくれゐて きみにこひつつ うつしけめやも
英語(ローマ字) HARUNOHINO URAGANASHIKINI OKUREゐTE KIMINIKOHITSUTSU UTSUSHIKEMEYAMO
春の日のもの悲しい上に、一人取り残されて終始あなたを恋い焦がれていて正気でいられるものでしょうか。
左注 (右九首娘子)
校異
用語 作者:狭野弟上娘子、天平12年、年紀、贈答、恋情、悲別、女歌、中臣宅守
タイトルとURLをコピーしました