万葉集 第15巻 3753番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第15巻3753番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第15巻 3753番歌

第15巻
歌番号 3753番歌
作者 作者不詳
題詞 (中臣朝臣宅守与狭野弟上娘子贈答歌)
原文 安波牟日能 可多美尓世与等 多和也女能 於毛比美太礼弖 奴敝流許呂母曽
訓読 逢はむ日の形見にせよとたわや女の思ひ乱れて縫へる衣ぞ
かな あはむひの かたみにせよと たわやめの おもひみだれて ぬへるころもぞ
英語(ローマ字) AHAMUHINO KATAMINISEYOTO TAWAYAMENO OMOHIMIDARETE NUHERUKOROMOZO
逢える日が来るまでの形見にして下さいと、か弱い女の身の私が思い乱れつつ縫い上げた着物です、これは。
左注 右九首娘子
校異
用語 作者:狭野弟上娘子、天平12年、年紀、贈答、恋情、悲別、女歌、中臣宅守
タイトルとURLをコピーしました