万葉集 第15巻 3751番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第15巻3751番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第15巻 3751番歌

第15巻
歌番号 3751番歌
作者 作者不詳
題詞 (中臣朝臣宅守与狭野弟上娘子贈答歌)
原文 之呂多倍能 安我之多其呂母 宇思奈波受 毛弖礼和我世故 多太尓安布麻弖尓
訓読 白栲の我が下衣失はず持てれ我が背子直に逢ふまでに
かな しろたへの あがしたごろも うしなはず もてれわがせこ ただにあふまでに
英語(ローマ字) SHIROTAHENO AGASHITAGOROMO USHINAHAZU MOTEREWAGASEKO TADANIAFUMADENI
私が差し上げた真っ白な下着の着物、なくさないように持ってて下さいな、あなた。直接お逢い出来る日が来るまで。
左注 (右九首娘子)
校異
用語 作者:狭野弟上娘子、天平12年、年紀、贈答、恋情、悲別、女歌、枕詞、中臣宅守
タイトルとURLをコピーしました