万葉集 第15巻 3601番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第15巻3601番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第15巻 3601番歌

第15巻
歌番号 3601番歌
作者 作者不詳
題詞 (遣新羅使人等悲別贈答及海路慟情陳思并當所誦之古歌)
原文 之麻思久母 比等利安里宇流 毛能尓安礼也 之麻能牟漏能木 波奈礼弖安流良武
訓読 しましくもひとりありうるものにあれや島のむろの木離れてあるらむ
かな しましくも ひとりありうる ものにあれや しまのむろのき はなれてあるらむ
英語(ローマ字) SHIMASHIKUMO HITORIARIURU MONONIAREYA SHIMANOMURONOKI HANARETEARURAMU
ほんのしばらくの間でも、独りっきりでいられるものだろうか。離れ島のあのむろの木、どうしてぽつんと一本離れていられるのだろう。
左注 右八首乗船入海路上作歌
校異
用語 遣新羅使、天平8年、年紀、羈旅、福山、広島
タイトルとURLをコピーしました