万葉集 第15巻 3602番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第15巻3602番歌はこちらにまとめました。

第15巻 3602番歌

第15巻
歌番号 3602番歌
作者 作者不詳
題詞 當所誦詠古歌
原文 安乎尓余志 奈良能美夜古尓 多奈妣家流 安麻能之良久毛 見礼杼安可奴加毛
訓読 あをによし奈良の都にたなびける天の白雲見れど飽かぬかも
かな あをによし ならのみやこに たなびける あまのしらくも みれどあかぬかも
英語(ローマ字) AWONIYOSHI NARANOMIYAKONI TANABIKERU AMANOSHIRAKUMO MIREDOAKANUKAMO
奈良の都にたなびいているあの白雲、見ても見ても見飽きないなあ。
左注 右一首詠雲
校異 歌 [西] 謌 [紀][温] 哥
用語 遣新羅使、天平8年、年紀、古歌、誦詠、枕詞、望郷、羈旅、転用
タイトルとURLをコピーしました