万葉集 第15巻 3590番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第15巻3590番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第15巻 3590番歌

第15巻
歌番号 3590番歌
作者 作者不詳
題詞 (遣新羅使人等悲別贈答及海路慟情陳思并當所誦之古歌)
原文 伊毛尓安波受 安良婆須敝奈美 伊波祢布牟 伊故麻乃山乎 故延弖曽安我久流
訓読 妹に逢はずあらばすべなみ岩根踏む生駒の山を越えてぞ我が来る
かな いもにあはず あらばすべなみ いはねふむ いこまのやまを こえてぞあがくる
英語(ローマ字) IMONIAHAZU ARABASUBENAMI IHANEFUMU IKOMANOYAMAWO KOETEZOAGAKURU
彼女に逢わないでいると、どうしようもなく、岩根を踏む生駒山を越えて私はやってくるのだ。
左注 右一首ま還私家陳思
校異
用語 遣新羅使、天平8年、年紀、地名、奈良、難波、大阪、出発、恋情、羈旅
タイトルとURLをコピーしました