万葉集 第15巻 3591番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第15巻3591番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第15巻 3591番歌

第15巻
歌番号 3591番歌
作者 作者不詳
題詞 (遣新羅使人等悲別贈答及海路慟情陳思并當所誦之古歌)
原文 妹等安里之 時者安礼杼毛 和可礼弖波 許呂母弖佐牟伎 母能尓曽安里家流
訓読 妹とありし時はあれども別れては衣手寒きものにぞありける
かな いもとありし ときはあれども わかれては ころもでさむき ものにぞありける
英語(ローマ字) IMOTOARISHI TOKIHAAREDOMO WAKARETEHA KOROMODESAMUKI MONONIZOARIKERU
彼女と共にいたときでも寒い時はあったが、こうして別れてみると、着物の袖口から寒さがしみいってくるのがひとしお強く思われる。
左注 (右三首臨發之時作歌)
校異
用語 遣新羅使、天平8年、年紀、悲別、羈旅、恋情、出発、難波、大阪
タイトルとURLをコピーしました