万葉集 第15巻 3702番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第15巻3702番歌はこちらにまとめました。

第15巻 3702番歌

第15巻
歌番号 3702番歌
作者 壬生宇太麻呂
題詞 (竹敷浦舶泊之時<各>陳心緒作歌十八首)
原文 多可思吉能 宇良<未>能毛美知 <和>礼由伎弖 可敝里久流末R 知里許須奈由米
訓読 竹敷の浦廻の黄葉我れ行きて帰り来るまで散りこすなゆめ
かな たかしきの うらみのもみち われゆきて かへりくるまで ちりこすなゆめ
英語(ローマ字) TAKASHIKINO URAMINOMOMICHI WAREYUKITE KAHERIKURUMADE CHIRIKOSUNAYUME
竹敷(たかしき)の浦辺に色づく黄葉よ。私が新羅に行って戻って来るまで、散らないでおくれ、決して。
左注 右一首大判官
校異 末 未 [万葉集古義] / <> 和 [西(左書)][類][紀][細]
用語 遣新羅使、天平8年、年紀、羈旅、長崎、対馬、地名、叙景、作者:壬生宇太麻呂
タイトルとURLをコピーしました