万葉集 第15巻 3759番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第15巻3759番歌はこちらにまとめました。

第15巻 3759番歌

第15巻
歌番号 3759番歌
作者 作者不詳
題詞 (中臣朝臣宅守与狭野弟上娘子贈答歌)
原文 多知可敝里 奈氣杼毛安礼波 之流思奈美 於毛比和夫礼弖 奴流欲之曽於保伎
訓読 たちかへり泣けども我れは験なみ思ひわぶれて寝る夜しぞ多き
かな たちかへり なけどもあれは しるしなみ おもひわぶれて ぬるよしぞおほき
英語(ローマ字) TACHIKAHERI NAKEDOMOAREHA SHIRUSHINAMI OMOHIWABURETE NURUYOSHIZOOHOKI
幾度もあなたのことを思っては泣くが、甲斐がなく、わびしい思いで寝る夜が多い。
左注 (右十三首中臣朝臣宅守)
校異
用語 作者:中臣宅守、天平12年、年紀、贈答、羈旅、配流、恋情、孤独、狭野弟上娘子
タイトルとURLをコピーしました