万葉集 第15巻 3709番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第15巻3709番歌はこちらにまとめました。

第15巻 3709番歌

第15巻
歌番号 3709番歌
作者 作者不詳
題詞 (竹敷浦舶泊之時<各>陳心緒作歌十八首)
原文 伊敝豆刀尓 可比乎比里布等 於伎敝欲里 与世久流奈美尓 許呂毛弖奴礼奴
訓読 家づとに貝を拾ふと沖辺より寄せ来る波に衣手濡れぬ
かな いへづとに かひをひりふと おきへより よせくるなみに ころもでぬれぬ
英語(ローマ字) IHEDUTONI KAHIWOHIRIFUTO OKIHEYORI YOSEKURUNAMINI KOROMODENURENU
家への土産に貝を拾おうとしたら沖から寄せてきた波に着物の袖が濡れてしまった。
左注
校異
用語 遣新羅使、天平8年、年紀、羈旅、長崎、対馬、望郷、みやげ
タイトルとURLをコピーしました