万葉集 第15巻 3781番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第15巻3781番歌はこちらにまとめました。

第15巻 3781番歌

第15巻
歌番号 3781番歌
作者 作者不詳
題詞 (中臣朝臣宅守与狭野弟上娘子贈答歌)
原文 多婢尓之弖 毛能毛布等吉尓 保等登藝須 毛等奈那難吉曽 安我古非麻左流
訓読 旅にして物思ふ時に霍公鳥もとなな鳴きそ我が恋まさる
かな たびにして ものもふときに ほととぎす もとなななきそ あがこひまさる
英語(ローマ字) TABINISHITE MONOMOFUTOKINI HOTOTOGISU MOTONANANAKISO AGAKOHIMASARU
ちょっと旅に出て、物思う時に、ホトトギスよ。しきりに鳴かないでおくれ。彼女への思いが増すではないか。
左注 (右七首中臣朝臣宅守寄花鳥陳思作歌)
校異
用語 作者:中臣宅守、天平12年、年紀、動物、羈旅、配流、恋情、怨恨、狭野弟上娘子
タイトルとURLをコピーしました