万葉集 第15巻 3595番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第15巻3595番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第15巻 3595番歌

第15巻
歌番号 3595番歌
作者 作者不詳
題詞 (遣新羅使人等悲別贈答及海路慟情陳思并當所誦之古歌)
原文 安佐妣良伎 許藝弖天久礼婆 牟故能宇良能 之保非能可多尓 多豆我許恵須毛
訓読 朝開き漕ぎ出て来れば武庫の浦の潮干の潟に鶴が声すも
かな あさびらき こぎでてくれば むこのうらの しほひのかたに たづがこゑすも
英語(ローマ字) ASABIRAKI KOGIDETEKUREBA MUKONOURANO SHIHOHINOKATANI TADUGAKOゑSUMO
朝明け早々漕ぎ出してきたら、武庫川の河口付近の潮干の潟に、鶴の声がしていた。
左注 (右八首乗船入海路上作歌)
校異
用語 遣新羅使、天平8年、年紀、地名、兵庫県、武庫川、動物、出発、羈旅、叙景、難波、大阪
タイトルとURLをコピーしました