万葉集 第15巻 3610番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第15巻3610番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第15巻 3610番歌

第15巻
歌番号 3610番歌
作者 柿本人麻呂
題詞 (當所誦詠古歌)
原文 安胡乃宇良尓 布奈能里須良牟 乎等女良我 安可毛能須素尓 之保美都良武賀
訓読 安胡の浦に舟乗りすらむ娘子らが赤裳の裾に潮満つらむか
かな あごのうらに ふなのりすらむ をとめらが あかものすそに しほみつらむか
英語(ローマ字) AGONOURANI FUNANORISURAMU WOTOMERAGA AKAMONOSUSONI SHIHOMITSURAMUKA
安胡(あご)の浦に舟乗りしようとする乙女たち。赤裳の裾が濡れているが、潮が満ちてきたようだ。
左注 柿本朝臣人麻呂歌曰 安美能宇良 又曰 多<麻>母能須蘇尓
校異 麻能 麻 [西(訂正)][類][紀][細]
用語 遣新羅使、天平8年、年紀、古歌、誦詠、地名、異伝、柿本人麻呂、羈旅、転用
スポンサーリンク

第15巻 3610S1番歌(異伝歌1)

題詞 (當所誦詠古歌)柿本朝臣人麻呂歌曰 又曰
原文 安美能宇良 多<麻>母能須蘇尓
訓読 嗚呼見の浦 玉裳の裾に
かな あみのうら たまものすそに
英語(ローマ字) AMINOURA TAMAMONOSUSONI
安胡の浦、娘子の美しい裳裾に。
左注
校異
用語 遣新羅使、天平8年、年紀、古歌、誦詠、地名、三重県、異伝、作者:柿本人麻呂、転用
タイトルとURLをコピーしました