万葉集 第15巻 3611番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第15巻3611番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第15巻 3611番歌

第15巻
歌番号 3611番歌
作者 柿本人麻呂
題詞 七夕歌一首
原文 於保夫祢尓 麻可治之自奴伎 宇奈波良乎 許藝弖天和多流 月人乎登I
訓読 大船に真楫しじ貫き海原を漕ぎ出て渡る月人壮士
かな おほぶねに まかぢしじぬき うなはらを こぎでてわたる つきひとをとこ
英語(ローマ字) OHOBUNENI MAKADISHIJINUKI UNAHARAWO KOGIDETEWATARU TSUKIHITOWOTOKO
大船に多くの梶を取りつけて大海原を漕ぎ出して天空を渡っていく月人壮士(つきひとをとこ)。
左注 右柿本朝臣人麻呂歌
校異
用語 遣新羅使、天平8年、年紀、作者:柿本人麻呂、転用、古歌、誦詠、七夕、羈旅
タイトルとURLをコピーしました