万葉集 第15巻 3706番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第15巻3706番歌はこちらにまとめました。

第15巻 3706番歌

第15巻
歌番号3706番歌
作者阿倍継麻呂
題詞(竹敷浦舶泊之時<各>陳心緒作歌十八首)
原文多麻之家流 伎欲吉奈藝佐乎 之保美弖婆 安可受和礼由久 可反流左尓見牟
訓読玉敷ける清き渚を潮満てば飽かず我れ行く帰るさに見む
かなたましける きよきなぎさを しほみてば あかずわれゆく かへるさにみむ
英語(ローマ字)TAMASHIKERU KIYOKINAGISAWO SHIHOMITEBA AKAZUWAREYUKU KAHERUSANIMIMU
玉を敷き詰めたような美しい渚に潮が満ちてくる。その光景を見飽きないまま(新羅へ)向かう。帰りには必ず見よう。
左注右一首大使
校異
用語遣新羅使、天平8年、年紀、羈旅、土地讃美、長崎、対馬、作者:阿倍継麻呂
タイトルとURLをコピーしました