万葉集 第15巻 3710番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第15巻3710番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第15巻 3710番歌

第15巻
歌番号 3710番歌
作者 作者不詳
題詞 (竹敷浦舶泊之時<各>陳心緒作歌十八首)
原文 之保非奈<婆> 麻多母和礼許牟 伊射遊賀武 於伎都志保佐為 多可久多知伎奴
訓読 潮干なばまたも我れ来むいざ行かむ沖つ潮騒高く立ち来ぬ
かな しほひなば またもわれこむ いざゆかむ おきつしほさゐ たかくたちきぬ
英語(ローマ字) SHIHOHINABA MATAMOWAREKOMU IZAYUKAMU OKITSUSHIHOSAゐ TAKAKUTACHIKINU
潮が干いたらまたこの海岸に来よう。沖の潮騒が高くなってきたのでさあ船に戻ろう。
左注
校異 波 婆 [類]
用語 遣新羅使、天平8年、年紀、羈旅、対馬、長崎
タイトルとURLをコピーしました