万葉集 第15巻 3698番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第15巻3698番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第15巻 3698番歌

第15巻
歌番号 3698番歌
作者 作者不詳
題詞 (到對馬嶋淺茅浦舶泊之時不得順風經停五箇日於是瞻望物華各陳慟心作歌三首)
原文 安麻射可流 比奈尓毛月波 弖礼々杼母 伊毛曽等保久波 和可礼伎尓家流
訓読 天離る鄙にも月は照れれども妹ぞ遠くは別れ来にける
かな あまざかる ひなにもつきは てれれども いもぞとほくは わかれきにける
英語(ローマ字) AMAZAKARU HINANIMOTSUKIHA TEREREDOMO IMOZOTOHOKUHA WAKAREKINIKERU
遠く離れた辺境のこの地にも月は皎々と照っている。思えば彼女と別れて遠くここまでやってきたものだ。
左注
校異
用語 遣新羅使、天平8年、年紀、羈旅、長崎、対馬、望郷、枕詞
タイトルとURLをコピーしました