万葉集 第15巻 3785番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第15巻3785番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第15巻 3785番歌

第15巻
歌番号 3785番歌
作者 作者不詳
題詞 (中臣朝臣宅守与狭野弟上娘子贈答歌)
原文 保登等藝須 安比太之麻思於家 奈我奈氣婆 安我毛布許己呂 伊多母須敝奈之
訓読 霍公鳥間しまし置け汝が鳴けば我が思ふ心いたもすべなし
かな ほととぎす あひだしましおけ ながなけば あがもふこころ いたもすべなし
英語(ローマ字) HOTOTOGISU AHIDASHIMASHIOKE NAGANAKEBA AGAMOFUKOKORO ITAMOSUBENASHI
ホトトギスよ。鳴くのをしばらく、間を置いてくれないか。お前が鳴くと彼女への思いが高ぶってどうしようもないのだよ。
左注 右七首中臣朝臣宅守寄花鳥陳思作歌
校異
用語 作者:中臣宅守、天平12年、年紀、動物、恋情、羈旅、配流、狭野弟上娘子
タイトルとURLをコピーしました