万葉集 第15巻 3674番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第15巻3674番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第15巻 3674番歌

第15巻
歌番号 3674番歌
作者 壬生宇太麻呂
題詞 引津亭舶泊之作歌七首
原文 久左麻久良 多婢乎久流之美 故非乎礼婆 可也能山邊尓 草乎思香奈久毛
訓読 草枕旅を苦しみ恋ひ居れば可也の山辺にさを鹿鳴くも
かな くさまくら たびをくるしみ こひをれば かやのやまへに さをしかなくも
英語(ローマ字) KUSAMAKURA TABIWOKURUSHIMI KOHIWOREBA KAYANOYAMAHENI SAWOSHIKANAKUMO
旅の苦しさに故郷を恋しく思い出していると、可也の山辺で牡鹿が鳴きたてている。
左注 (右二首大判官)
校異
用語 遣新羅使、天平8年、年紀、羈旅、地名、福岡、可也山、引津亭、動物、望郷、漂泊、作者:壬生宇太麻呂
タイトルとURLをコピーしました