万葉集 第15巻 3726番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第15巻3726番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第15巻 3726番歌

第15巻
歌番号 3726番歌
作者 作者不詳
題詞 (中臣朝臣宅守与狭野弟上娘子贈答歌)
原文 己能許呂波 古非都追母安良牟 多麻久之氣 安氣弖乎知欲利 須辨奈可流倍思
訓読 このころは恋ひつつもあらむ玉櫛笥明けてをちよりすべなかるべし
かな このころは こひつつもあらむ たまくしげ あけてをちより すべなかるべし
英語(ローマ字) KONOKOROHA KOHITSUTSUMOARAMU TAMAKUSHIGE AKETEWOCHIYORI SUBENAKARUBESHI
今はまだ、(あなたがいらっしゃるので)恋したしんでいればいいのですが、玉櫛笥の蓋を開けるように夜が明けたならそれ以降はどうしようもありません。
左注 右四首娘子臨別作歌
校異
用語 作者:狭野弟上娘子、天平12年、年紀、贈答、枕詞、悲別、恋情、女歌、中臣宅守
タイトルとURLをコピーしました