万葉集 第15巻 3725番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第15巻3725番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第15巻 3725番歌

第15巻
歌番号 3725番歌
作者 作者不詳
題詞 (中臣朝臣宅守与狭野弟上娘子贈答歌)
原文 和我世故之 氣太之麻可良<婆> 思漏多倍乃 蘇R乎布良左祢 見都追志努波牟
訓読 我が背子しけだし罷らば白栲の袖を振らさね見つつ偲はむ
かな わがせこし けだしまからば しろたへの そでをふらさね みつつしのはむ
英語(ローマ字) WAGASEKOSHI KEDASHIMAKARABA SHIROTAHENO SODEWOFURASANE MITSUTSUSHINOHAMU
私のあなた、もしも遠くの国へ行っておしまいになるなら、真っ白なその袖をお振りになって下さい。それを記憶にとどめてあなたのことを心に刻んでおきます。
左注 (右四首娘子臨別作歌)
校異 波 婆 [類][紀][細]
用語 作者:狭野弟上娘子、天平12年、年紀、贈答、悲別、恋情、女歌、中臣宅守
タイトルとURLをコピーしました