万葉集 第15巻 3615番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第15巻3615番歌はこちらにまとめました。

第15巻 3615番歌

第15巻
歌番号 3615番歌
作者 作者不詳
題詞 風速浦舶泊之夜作歌二首
原文 和我由恵仁 妹奈氣久良之 風早能 宇良能於伎敝尓 奇里多奈妣家利
訓読 我がゆゑに妹嘆くらし風早の浦の沖辺に霧たなびけり
かな わがゆゑに いもなげくらし かざはやの うらのおきへに きりたなびけり
英語(ローマ字) WAGAYUゑNI IMONAGEKURASHI KAZAHAYANO URANOOKIHENI KIRITANABIKERI
この私がために彼女は嘆いているらしい。ここ風早の浦の沖の方に霧がたなびいているのを見ると。
左注
校異
用語 遣新羅使、天平8年、年紀、広島、安芸津町、望郷、羈旅、叙景

解説

題詞は「風速浦で、船で停泊した夜に作った歌二首」という意味。風速浦(かざはやうら)は、広島県東広島市安芸津町にある風速の浦。

「霧たなびけり」は「彼女の嘆くため息が霧となって広がる」を意味。

タイトルとURLをコピーしました