万葉集 第15巻 3721番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第15巻3721番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第15巻 3721番歌

第15巻
歌番号 3721番歌
作者 作者不詳
題詞 (廻来筑紫海路入京到播磨國家嶋之時作歌五首)
原文 奴婆多麻能 欲安可之母布<祢>波 許藝由可奈 美都能波麻末都 麻知故非奴良武
訓読 ぬばたまの夜明かしも船は漕ぎ行かな御津の浜松待ち恋ひぬらむ
かな ぬばたまの よあかしもふねは こぎゆかな みつのはままつ まちこひぬらむ
英語(ローマ字) NUBATAMANO YOAKASHIMOFUNEHA KOGIYUKANA MITSUNOHAMAMATSU MACHIKOHINURAMU
夜が明けてきたらしい。が、船はこのまま漕ぎ進めよう。御津の浜辺の、あの松並木もわれらを待ち焦がれているだろうから。
左注
校異 弥 祢 [類][紀][細]
用語 遣新羅使、天平8年、年紀、枕詞、地名、大阪、難波、兵庫、姫路、帰途
タイトルとURLをコピーしました