万葉集 第15巻 3722番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第15巻3722番歌はこちらにまとめました。

第15巻 3722番歌

第15巻
歌番号 3722番歌
作者 作者不詳
題詞 (廻来筑紫海路入京到播磨國家嶋之時作歌五首)
原文 大伴乃 美津能等麻里尓 布祢波弖々 多都多能山乎 伊都可故延伊加武
訓読 大伴の御津の泊りに船泊てて龍田の山をいつか越え行かむ
かな おほともの みつのとまりに ふねはてて たつたのやまを いつかこえいかむ
英語(ローマ字) OHOTOMONO MITSUNOTOMARINI FUNEHATETE TATSUTANOYAMAWO ITSUKAKOEIKAMU
大伴の御津の港に船を泊め、大和に入るあの龍田の山をもうすぐ越える所まできた。
左注
校異
用語 遣新羅使、天平8年、年紀、羈旅、地名、兵庫、姫路、大阪、難波、奈良、帰途
タイトルとURLをコピーしました