万葉集 第15巻 3723番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第15巻3723番歌はこちらにまとめました。

第15巻 3723番歌

第15巻
歌番号 3723番歌
作者 作者不詳
題詞 中臣朝臣宅守与狭野弟上娘子贈答歌
原文 安之比奇能 夜麻治古延牟等 須流君乎 許々呂尓毛知弖 夜須家久母奈之
訓読 あしひきの山道越えむとする君を心に持ちて安けくもなし
かな あしひきの やまぢこえむと するきみを こころにもちて やすけくもなし
英語(ローマ字) ASHIHIKINO YAMADIKOEMUTO SURUKIMIWO KOKORONIMOCHITE YASUKEKUMONASHI
山道を越えて行こうとされるあなたが心に引っかかって心が安まりません。
左注 (右四首娘子臨別作歌)
校異 弟 [細] 茅
用語 作者:狭野弟上娘子、天平12年、年紀、贈答、枕詞、悲別、恋情、女歌、中臣宅守
タイトルとURLをコピーしました