万葉集 第15巻 3718番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第15巻3718番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第15巻 3718番歌

第15巻
歌番号 3718番歌
作者 作者不詳
題詞 廻来筑紫海路入京到播磨國家嶋之時作歌五首
原文 伊敝之麻波 奈尓許曽安里家礼 宇奈波良乎 安我古非伎都流 伊毛母安良奈久尓
訓読 家島は名にこそありけれ海原を我が恋ひ来つる妹もあらなくに
かな いへしまは なにこそありけれ うなはらを あがこひきつる いももあらなくに
英語(ローマ字) IHESHIMAHA NANIKOSOARIKERE UNAHARAWO AGAKOHIKITSURU IMOMOARANAKUNI
家島という名に心惹かれて、海原をこえてやってきた。その島に彼女がいるわけではないけれど。
左注
校異
用語 遣新羅使、天平8年、年紀、地名、姫路、兵庫、羈旅、孤独、望郷、帰途
タイトルとURLをコピーしました