万葉集 第15巻 3646番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第15巻3646番歌はこちらにまとめました。

第15巻 3646番歌

第15巻
歌番号3646番歌
作者作者不詳
題詞(佐婆海中忽遭逆風漲浪漂流經宿而後幸得順風到著豊前國下毛郡分間浦 於是追怛艱難悽惆作八首)
原文宇良<未>欲里 許藝許之布祢乎 風波夜美 於伎都美宇良尓 夜杼里須流可毛
訓読浦廻より漕ぎ来し船を風早み沖つみ浦に宿りするかも
かなうらみより こぎこしふねを かぜはやみ おきつみうらに やどりするかも
英語(ローマ字)URAMIYORI KOGIKOSHIFUNEWO KAZEHAYAMI OKITSUMIURANI YADORISURUKAMO
浦辺より漕ぎ進めてきた船だが、風が激しく吹くので漕ぐのをやめ、沖合で船宿りすることにした。
左注
校異末 未 [万葉集古義]
用語遣新羅使、天平8年、年紀、羈旅、大分、中津市、不安
タイトルとURLをコピーしました