万葉集 第15巻 3658番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第15巻3658番歌はこちらにまとめました。

第15巻 3658番歌

第15巻
歌番号 3658番歌
作者 作者不詳
題詞 (七夕仰觀天漢各陳所思作歌三首)
原文 由布豆久欲 可氣多知与里安比 安麻能我波 許具布奈妣等乎 見流我等母之佐
訓読 夕月夜影立ち寄り合ひ天の川漕ぐ船人を見るが羨しさ
かな ゆふづくよ かげたちよりあひ あまのがは こぐふなびとを みるがともしさ
英語(ローマ字) YUFUDUKUYO KAGETACHIYORIAHI AMANOGAHA KOGUFUNABITOWO MIRUGATOMOSHISA
夕月夜、彦星と織女の影が寄り合う天の川、その天の川を船を漕いで渡っていく彦星を見ると羨ましくなる。
左注
校異
用語 遣新羅使、天平8年、年紀、羈旅、七夕、宴席、望郷、恋情、福岡
タイトルとURLをコピーしました