万葉集 第15巻 3659番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第15巻3659番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第15巻 3659番歌

第15巻
歌番号 3659番歌
作者 阿倍継麻呂次男
題詞 海邊望月作九首
原文 安伎可是波 比尓家尓布伎奴 和伎毛故波 伊都登<加>和礼乎 伊波比麻都良牟
訓読 秋風は日に異に吹きぬ我妹子はいつとか我れを斎ひ待つらむ
かな あきかぜは ひにけにふきぬ わぎもこは いつとかわれを いはひまつらむ
英語(ローマ字) AKIKAZEHA HINIKENIFUKINU WAGIMOKOHA ITSUTOKAWAREWO IHAHIMATSURAMU
秋風が日増しに強く吹くようになってきた。私の妻はいまごろ、私がいつ帰って来るだろうかと祈りながら待っていることだろう。
左注 大使之第二男
校異 可 加 [類][紀][細]
用語 遣新羅使、天平8年、年紀、作者:阿倍継麻呂次男、羈旅、望郷、恋情、福岡
タイトルとURLをコピーしました