万葉集 第15巻 3720番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第15巻3720番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第15巻 3720番歌

第15巻
歌番号 3720番歌
作者 作者不詳
題詞 (廻来筑紫海路入京到播磨國家嶋之時作歌五首)
原文 和伎毛故乎 由伎弖波也美武 安波治之麻 久毛為尓見延奴 伊敝都久良之母
訓読 我妹子を行きて早見む淡路島雲居に見えぬ家つくらしも
かな わぎもこを ゆきてはやみむ あはぢしま くもゐにみえぬ いへづくらしも
英語(ローマ字) WAGIMOKOWO YUKITEHAYAMIMU AHADISHIMA KUMOゐNIMIENU IHEDUKURASHIMO
早く帰って彼女に逢いたいな。雲のかかっているあたりに淡路島が見えてきた。家が近くなってきたらしい。
左注
校異
用語 遣新羅使、天平8年、年紀、地名、淡路、兵庫、姫路、望郷、帰途、羈旅
タイトルとURLをコピーしました