万葉集 第15巻 3639番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第15巻3639番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第15巻 3639番歌

第15巻
歌番号 3639番歌
作者 作者不詳
題詞 (過大嶋鳴門而經再宿之後追作歌二首)
原文 奈美能宇倍尓 宇伎祢世之欲比 安杼毛倍香 許己呂我奈之久 伊米尓美要都流
訓読 波の上に浮き寝せし宵あど思へか心悲しく夢に見えつる
かな なみのうへに うきねせしよひ あどもへか こころがなしく いめにみえつる
英語(ローマ字) NAMINOUHENI UKINESESHIYOHI ADOMOHEKA KOKOROGANASHIKU IMENIMIETSURU
波の上に浮き寝した夜、何と思ってか妻がうらがなしくも夢に出てきた。
左注
校異
用語 遣新羅使、天平8年、年紀、羈旅、山口、大畠瀬戸、追想、望郷
タイトルとURLをコピーしました