万葉集 第15巻 3640番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第15巻3640番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第15巻 3640番歌

第15巻
歌番号 3640番歌
作者 作者不詳
題詞 熊毛浦舶泊之夜作歌四首
原文 美夜故邊尓 由可牟船毛我 可里許母能 美太礼弖於毛布 許登都ん夜良牟
訓読 都辺に行かむ船もが刈り薦の乱れて思ふ言告げやらむ
かな みやこへに ゆかむふねもが かりこもの みだれておもふ ことつげやらむ
英語(ローマ字) MIYAKOHENI YUKAMUFUNEMOGA KARIKOMONO MIDARETEOMOFU KOTOTSUGEYARAMU
都の方向に向かう船があったらなあ。刈り取った薦(こも)のように乱れたこの思いを妻に言付けしようものを。
左注 右一首羽栗
校異
用語 遣新羅使、天平8年、年紀、羽栗、枕詞、山口、上関町、望郷、羈旅
タイトルとURLをコピーしました