万葉集 第15巻 3625番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第15巻3625番歌はこちらにまとめました。

第15巻 3625番歌

第15巻
歌番号 3625番歌
作者 丹比大夫
題詞 古挽歌一首[并短歌]
原文 由布左礼婆 安之敝尓佐和伎 安氣久礼婆 於伎尓奈都佐布 可母須良母 都麻等多具比弖 和我尾尓波 之毛奈布里曽等 之<路>多倍乃 波祢左之可倍弖 宇知波良比 左宿等布毛能乎 由久美都能 可敝良奴其等久 布久可是能 美延奴我其登久 安刀毛奈吉 与能比登尓之弖 和可礼尓之 伊毛我伎世弖思 奈礼其呂母 蘇弖加多思吉弖 比登里可母祢牟
訓読 夕されば 葦辺に騒き 明け来れば 沖になづさふ 鴨すらも 妻とたぐひて 我が尾には 霜な降りそと 白栲の 羽さし交へて うち掃ひ さ寝とふものを 行く水の 帰らぬごとく 吹く風の 見えぬがごとく 跡もなき 世の人にして 別れにし 妹が着せてし なれ衣 袖片敷きて ひとりかも寝む
かな ゆふされば あしへにさわき あけくれば おきになづさふ かもすらも つまとたぐひて わがをには しもなふりそと しろたへの はねさしかへて うちはらひ さぬとふものを ゆくみづの かへらぬごとく ふくかぜの みえぬがごとく あともなき よのひとにして わかれにし いもがきせてし なれごろも そでかたしきて ひとりかもねむ
英語(ローマ字) YUFUSAREBA ASHIHENISAWAKI AKEKUREBA OKININADUSAFU KAMOSURAMO TSUMATOTAGUHITE WAGAWONIHA SHIMONAFURISOTO SHIROTAHENO HANESASHIKAHETE UCHIHARAHI SANUTOFUMONOWO YUKUMIDUNO KAHERANUGOTOKU FUKUKAZENO MIENUGAGOTOKU ATOMONAKI YONOHITONISHITE WAKARENISHI IMOGAKISETESHI NAREGOROMO SODEKATASHIKITE HITORIKAMONEMU
夕方になれば葦辺(あしべ)にやってきて鳴き騒ぎ、夜明けになると、沖に漂う鴨たちでさへ妻と連れ立ち、尾羽に霜よ降るなと、互いに尾羽をさしかわして霜をうち払って共に寄り添って寝るという。なのに、流れゆく水が帰らぬように、吹く風が見えないように、跡かたもない世の人として妻は死んでしまった。私はかって妻が着せてくれた、すっかり着慣れた着物の袖を寝床に敷いて、ひとりで寝なければならないのか。
左注 (右丹比大夫悽愴亡妻歌)
校異 歌 [西] 謌 / 露 路 [類][紀]
用語 遣新羅使、天平8年、年紀、挽歌、転用、古歌、作者:丹比大夫、笠麻呂、羈旅、悲別、望郷、広島、倉橋島
タイトルとURLをコピーしました