万葉集 第15巻 3672番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第15巻3672番歌はこちらにまとめました。

第15巻 3672番歌

第15巻
歌番号 3672番歌
作者 作者不詳
題詞 (到筑前國志麻郡之韓亭舶泊經三日於時夜月之光皎々流照奄對此<華>旅情悽噎各陳心緒聊以裁歌六首)
原文 比左可多能 月者弖利多里 伊刀麻奈久 安麻能伊射里波 等毛之安敝里見由
訓読 ひさかたの月は照りたり暇なく海人の漁りは灯し合へり見ゆ
かな ひさかたの つきはてりたり いとまなく あまのいざりは ともしあへりみゆ
英語(ローマ字) HISAKATANO TSUKIHATERITARI ITOMANAKU AMANOIZARIHA TOMOSHIAHERIMIYU
月が皎々と照っている。漁師たちは漁に余念がなく、せわしなく燈火を灯し合っている。
左注
校異
用語 遣新羅使、天平8年、年紀、枕詞、羈旅、福岡、韓亭、叙景
タイトルとURLをコピーしました