万葉集 第15巻 3761番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第15巻3761番歌はこちらにまとめました。

第15巻 3761番歌

第15巻
歌番号 3761番歌
作者 作者不詳
題詞 (中臣朝臣宅守与狭野弟上娘子贈答歌)
原文 与能奈可能 都年能己等和利 可久左麻尓 奈<里>伎尓家良之 須恵之多祢可良
訓読 世の中の常のことわりかくさまになり来にけらしすゑし種から
かな よのなかの つねのことわり かくさまに なりきにけらし すゑしたねから
英語(ローマ字) YONONAKANO TSUNENOKOTOWARI KAKUSAMANI NARIKINIKERASHI SUゑSHITANEKARA
これが世の中のいつもの道理なのか。こんな次第になってきたのは。すなわち自分で蒔いた種がもとで。
左注 (右十三首中臣朝臣宅守)
校異 利 里 [類][紀][細]
用語 作者:中臣宅守、天平12年、年紀、贈答、羈旅、配流、恋情、悲嘆、自覚、狭野弟上娘子
タイトルとURLをコピーしました