万葉集 第15巻 3613番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第15巻3613番歌はこちらにまとめました。

第15巻 3613番歌

第15巻
歌番号 3613番歌
作者 作者不詳
題詞 (備後國水調郡長井浦舶泊之夜作歌三首)
原文 海原乎 夜蘇之麻我久里 伎奴礼杼母 奈良能美也故波 和須礼可祢都母
訓読 海原を八十島隠り来ぬれども奈良の都は忘れかねつも
かな うなはらを やそしまがくり きぬれども ならのみやこは わすれかねつも
英語(ローマ字) UNAHARAWO YASOSHIMAGAKURI KINUREDOMO NARANOMIYAKOHA WASUREKANETSUMO
大海原を多くの島々を縫いながらやってきたけれど、奈良の都は忘れようにも忘れられない。
左注
校異
用語 遣新羅使、天平8年、年紀、広島、三原、望郷、羈旅
タイトルとURLをコピーしました