万葉集 第15巻 3584番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第15巻3584番歌はこちらにまとめました。

第15巻 3584番歌

第15巻
歌番号 3584番歌
作者 作者不詳
題詞 (遣新羅使人等悲別贈答及海路慟情陳思并當所誦之古歌)
原文 和可礼奈波 宇良我奈之家武 安我許呂母 之多尓乎伎麻勢 多太尓安布麻弖尓
訓読 別れなばうら悲しけむ我が衣下にを着ませ直に逢ふまでに
かな わかれなば うらがなしけむ あがころも したにをきませ ただにあふまでに
英語(ローマ字) WAKARENABA URAGANASHIKEMU AGAKOROMO SHITANIWOKIMASE TADANIAFUMADENI
お別れしたらうら悲しゅうございます。私のこの着物を肌身に着て下さい。直接お逢い出来る日が来るまで。
左注 (右十一首贈答)
校異
用語 遣新羅使、天平8年、年紀、贈答、羈旅、女歌、恋情、出発、悲別、難波、大阪
タイトルとURLをコピーしました