万葉集 第15巻 3770番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第15巻3770番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第15巻 3770番歌

第15巻
歌番号 3770番歌
作者 作者不詳
題詞 (中臣朝臣宅守与狭野弟上娘子贈答歌)
原文 安治麻野尓 屋杼礼流君我 可反里許武 等伎能牟可倍乎 伊都等可麻多武
訓読 味真野に宿れる君が帰り来む時の迎へをいつとか待たむ
かな あぢまのに やどれるきみが かへりこむ ときのむかへを いつとかまたむ
英語(ローマ字) ADIMANONI YADORERUKIMIGA KAHERIKOMU TOKINOMUKAHEWO ITSUTOKAMATAMU
山中の味真野(あぢまの)に滞在していらしゃるあなたが、ここ奈良の都に帰っていらっしゃる時、迎えに出たいのですが、いつ頃、お待ちしたらよいでしょう。
左注 (右八首娘子)
校異
用語 作者:狭野弟上娘子、天平12年、年紀、地名、福井県、武生市、悲別、恋情、女歌、中臣宅守
タイトルとURLをコピーしました