万葉集 第15巻 3769番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第15巻3769番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第15巻 3769番歌

第15巻
歌番号 3769番歌
作者 作者不詳
題詞 (中臣朝臣宅守与狭野弟上娘子贈答歌)
原文 奴婆多麻乃 欲流見之君乎 安久流安之多 安波受麻尓之弖 伊麻曽久夜思吉
訓読 ぬばたまの夜見し君を明くる朝逢はずまにして今ぞ悔しき
かな ぬばたまの よるみしきみを あくるあした あはずまにして いまぞくやしき
英語(ローマ字) NUBATAMANO YORUMISHIKIMIWO AKURUASHITA AHAZUMANISHITE IMAZOKUYASHIKI
夜にお逢いするのが常だったあなたでしたが、明けて朝旅立たれるとは知らず、逢わずじまいになってしまい、今になって悔しくてなりません。
左注 (右八首娘子)
校異
用語 作者:狭野弟上娘子、天平12年、年紀、枕詞、後悔、恋情、悲別、女歌、中臣宅守
タイトルとURLをコピーしました